2021年度日本特別ニーズ教育学会奨励賞および文献賞の授賞

2021年9月10日
日本特別ニーズ教育学会理事会
代表理事 加瀬進

 2021年度日本特別ニーズ教育学会奨励賞につきまして、日本特別ニーズ教育学会奨励賞規程に基づき、『SNEジャーナル』第26巻1号に掲載された2編の「原著」論文を対象に選考を行いました。対象となった筆頭著者2名ともにすでに前年までに学会奨励賞を授賞しておりますので、今年度は「該当者なし」となりました。

 続いて、2021年度日本特別ニーズ教育学会文献賞ですが、日本特別ニーズ教育学会文献賞規程第2条に基いて、研究委員会により「2021年度日本特別ニーズ教育学会文献賞授賞候補者リスト」(①『SNEジャーナル』で「書評」として掲載された本学会会員の学術研究図書、②単著・共著の別は問わないが(編集・監修は除く)著者全員が本学会会員、③初回の選考に限り、本規程制定時より5年間遡って(2016年~2020年)審査対象とする)が作成されました。

 理事会(2021年9月8日)においては本文献賞授賞候補者リストにもとづき、2021年度日本特別ニーズ教育学会文献賞授賞者の審議が行われ、理事会は全員一致で、以下の11名の学会員の方々に2021年度日本特別ニーズ教育学会文献賞を授与することに決定いたしましたのでご報告いたします。
 「2021年度日本特別ニーズ教育学会文献賞者」:猪狩恵美子氏、眞城知己氏、武井哲郎氏、阪本美江氏、新井英靖氏、窪島務氏、田部絢子氏、髙橋智氏、水野和代氏、柴田真緒氏、堤英俊氏。
文献賞の授賞式は、2021年10月24日(日)の学会総会時(11:20~12:30)にオンラインにて実施いたします。なお、日本特別ニーズ教育学会文献賞規程については、文末に掲載しましたのでご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年度日本特別ニーズ教育学会文献賞授賞式
○日時:2021年10月24日(日)学会総会時(11:20~12:30)
○会場:オンラインにて実施

 

日本特別ニーズ教育学会文献賞規程


第1条(目的)
 日本特別ニーズ教育学会文献賞(以下、文献賞)は、日本特別ニーズ教育学会(以下、本学会)の「特別ニーズ教育に関する理論的・実践的研究を通して、学習と発達への権利に関する教育科学の確立を期する」という目的に資するため、本学会会員が公刊した学術研究図書の顕彰を通して、特別ニーズ教育に係わる高度な専門研究の深化・発展をめざすものである。


第2条(対象)
 文献賞の対象は、前年の機関誌『SNEジャーナル』において「書評」として掲載された本学会会員の学術研究図書とする。学術研究図書は出版社により刊行されISBN(国際標準図書番号)が付されたものであり、単著・共著の別は問わないが(編集・監修は除く)、著者全員が本学会会員であることが要件となる。
2.過去において文献賞を授賞した本学会会員の学術研究図書についてはこれを除くものとする。
3.初回の選考に限り、本規程制定時より5年間遡って審査対象とする。


第3条(審査・選考)
 文献賞の審査は、本学会理事会に設けられた審査委員会がこれに当たる。審査委員会の構成等については別にこれを定める。
2.審査委員会の審査に基づき、理事会の審議により文献賞授賞者を決定する。

 

第4条(表彰・公表)
 文献賞授賞者の表彰は毎年本学会総会において行い、授賞者に賞状を授与するとともに、本学会ウエブサイト、機関誌『SNEジャーナル』、会報等にて公表する。

 

第5条(管理運営・事務)
 文献賞に係る管理運営および事務の執行は、本学会理事会の研究委員会および事務局がこれに当たる。

 

付則
1.    この規程は2021年6月13日より施行する。第1回の文献賞授賞は2021年10月24日の本学会総会時に行う。

 

スクリーンショット 2021-09-10 145411.png