2022年度中間集会「若手チャレンジ研究会」要項


 2022年6月5日(日)開催の日本特別ニーズ教育学会(SNE学会)2022年度中間集会においては、例年通りに「卒業論文・修了論文・課題研究・修士論文・博士論文等のデザイン検討、SNE学会における学会発表の予備的検討」を行う研究委員会主催「若手チャレンジ研究会」を実施します。
毎回、懇切丁寧な検討を受けられるので大好評です。以下の要領で発表者の募集を行いますので、奮って応募してください。応募締め切りは5月20日です。時間枠の関係で「6件」の募集となりますが、先着順で締め切らせていただきます。
 なお当日の「若手チャレンジ研究会」においては、理事の池田吉史会員(上越教育大学)による特別講義「研究・論文作成においてミスしがちなデータの統計解析」(40分)も行われます。


研究委員会
委員長 髙橋智(日本大学)
    河合隆平(東京都立大学)
    黒田学(立命館大学)

 

<内容>
・卒業論文・修了論文・課題研究・修士論文・博士論文等のデザイン検討、SNE 学会における学会発表の予備的検討 
・発表時間 1 件につき 20 分(報告 14 分、質疑・コメント等 6 分) 
・対面方式を基本として実施

<応募資格>
・卒業論文・修了論文・課題研究・修士論文・博士論文等を作成中の学部・専攻科・大学院 等の学生(SNE 学会会員の有無を問いません) 
・SNE 学会における学会発表の予備的検討を希望する研究歴の短い SNE 学会会員

<申し込み方法>
1.「発表者の氏名、所属、SNE 学会会員の有無、連絡先(住所・電話・メールアドレス)、発表テーマ」をメールにて、以下のアドレスまで送付ください。締め切りは 5月20日です。

申し込み先:髙橋智(日本大学文理学部教育学科) takahashi.satoru02*nihon-u.ac.jp(*をアットマークにかえてお送りください)
 

2.中間集会の参加申込みページから参加手続きを行ってください。発表者の場合には、学部生であっても参加費用1,500円が必要です。