『現代の特別ニーズ教育』

髙橋智・加瀬進  監修/日本特別ニーズ教育学会  編

 

2020年6月刊行

318ページ、3000円(税抜)  文理閣

ISBN978-4-89259-872-2

<Contents>

四半世紀前の学会設立期をふりかえる:まえがきにかえて

Ⅰ   「特別ニーズ教育」論の現在

第1節   特別ニーズ教育研究の到達点

第2節   特別ニーズ教育とインクルーシブ教育

Ⅱ   特別ニーズ教育と社会問題

第1節   マイノリティの教育・支援

第2節   マイノリティの教育・支援の課題―性同一性障害当事者の視点から考える―

第3節   子どもの貧困と特別ニーズ教育

Ⅲ   特別ニーズ教育の史的展開

第1節   「特別な教育的ニーズ」概念の生成と展開

第2節   日本における障害・特別ニーズを有する子どもの特別教育史

Ⅳ   「特別な」教育の場  その意義と課題

第1節   特別支援学校

第2節   特別支援学級

第3節   通級による指導と特別支援教室の意義と課題

第4節   訪問教育

Ⅴ   通常学級における特別ニーズ教育の実践

第1節   「困っている子ども」のアセスメントと校内支援システム

第2節   「困っている子ども」に着目する授業づくり

第3節   困っている子どもと学級経営

第4節   「困っている子ども」と学力問題

Ⅵ   特別ニーズ教育と社会的養護・矯正教育

第1節   児童養護施設における子どもの「育ちと発達の困難」と困難・支援ニーズ―子どもの「語り・つぶやき」からさぐる―

第2節   発達困難を有する非行少年の社会的自立・地域移行と困難・支援

Ⅶ   特別ニーズ教育と保護者支援・当事者支援

第1節   特別ニーズ教育と保護者支援

第2節   発達障害児の睡眠困難と発達支援―当事者調査から―

Ⅷ   特別支援教育の改革・法制度改革動向

第1節   特別支援教育の政策動向と生涯学習化

第2節   特別支援教育と関連法制

Ⅸ   コミュニティ問題と特別ニーズ教育

第1節   階層格差と支援ニーズの潜在化

第2節   コミュニティ・スクール/地域学校協働と“インクルージョン”

第3節   子どもの放課後・休日と地域社会

Ⅹ   特別ニーズ教育の担い手と専門性・研修

第1節   教員養成と教育支援者養成

第2節   現職教員の研修と多職種協働

第3節   特別支援教育コーディネーターの専門性と研修

第4節   特別支援教育支援員の研修

Ⅺ   特別ニーズ教育と国際情勢

第1節   主要国における動向

第2節   移民排除とダイバーシティ尊重の相克

第3節   発展途上国における教育問題

Ⅻ   “特別ニーズ教育”研究のこれから

第1節   特別ニーズ教育とICT

第2節   研究者養成をめぐる諸問題

あとがき

© 2017 Japanese Society for Special Needs Education